キャリアカウンセリングを有効活用して就活をスムーズに。

 

こんにちは、zuuminです。

 

お盆ということで、今週は選考や説明会を行う企業は少ないですね。

私も今週は特に就活の予定も無いので、気分転換も兼ねて軽く出掛けようと思います。

 

 

さて今日はキャリアカウンセリングについてお話させていただきます。

周りに知らない方も意外と多かったので。

 

 

  • キャリアカウンセリングを活用して不安を解消しよう

キャリアカウンセリング、キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザー…色々呼び方はありますがほぼ同じ意味合いになります。

キャリア・コンサルタント - Wikipedia

 

キャリア・コンサルタントとは、就職を希望する人に対して、さまざまな相談支援を行う専門職である。キャリア・カウンセラー、キャリア・アドバイザーとも呼ばれる。主な業務は、就職希望者が自らの適性、能力、経験などに応じて職業生活を設計して効果的に職業選択や職業能力開発を行うことができるように、個別にキャリアデザインの相談を行うことである。また、この相談のことをキャリア・コンサルティングまたはキャリア・カウンセリングといい同義語である。

16卒の方はもちろん、これからの就活に不安を抱える17卒の方には是非1度キャリアカウンセリングを受けてみることをお勧めします。

 

立て続けに企業から不採用通知が届いて途方に暮れていた時、このキャリアカウンセリングに出会ってかなり救われたところがあります。

 

私の利用した企業名は伏せますが、検索すると色々出てくるので調べてみてください。(もしどうしても聞きたい場合はTwitterの方でご連絡ください。)

 

 

  • 精神面のサポートと求人紹介制度

私の利用したキャリアカウンセリングを箇条書きで紹介しようと思います。

あくまで一例なので参考までに。

 

・何度か利用させていただきましたが、全て無料でサービスを受けることができました。また毎回同じカウンセラーが対応してくれるところも良かったです。

 

・部屋は個室で若い女性の方と1対1でした。最初は志望する業種や職種、今までどうやって就活を進めてきたか、自分の就活に対する思い、悩みなど…なんでも打ち明けて話すことができます。ここでどれだけ正直に話せるかがポイントです。 (変にプライドを持つと、質の良いアドバイスが貰えないと思います。)

 

・話を聞いてもらった上でカウンセラーの方から、優しくも現実的なアドバイスを頂きました。

私の場合は、自分の受けた企業のレベルが高いことや、自己分析の甘さなどの指摘を受けました。また、「就活が上手くいかなくてもどうにでもなる」と考えていた私に「どうにもならないよ」と一蹴されました。笑

 

・最後にカウンセラーの方が私に合う企業をいくつか紹介していただきました。

紹介企業との連携も取れているので、企業側の欲している人像や事前に勉強しておいた方が良いことなどを教えていただきました。また、説明会の際に受付で「◯◯(キャリアカウンセリングの会社)から紹介された◯◯です。」と言うだけで認識してくれます。(その後の選考の際にも人事の方に顔を覚えていただきました)

 

・選考の前日にはカウンセラーの方から電話をいただき、近況や明日の選考についての確認事項などについてお話しました。

選考後には感触や感想などをメールで連絡し、企業が自分に合わなかったり選考が厳しかったりした場合は再度他の企業を紹介してもらえます。

 

 

相談からその後のサポートまでかなり充実しているので、不安や悩みだったりもかなり解消されたような気がします。私の担当をしてくださったカウンセラーの方は気さくに話せるような人だったので、気づいたら色々ぶっちゃけてお話していました…。笑

 

夏休み中に就活が終わる人も多く、プレッシャーや焦りを感じている就活生も多いと思いますが、私も同じ境遇なので一緒に頑張りましょう。

 

脱・NNT!

 

 

  • まとめ

・キャリアカウンセリングを活用して就活の悩みや不安を解決

・変にプライドを持たず、正直に話すこと

・現実的なアドバイスをもらえる

・マッチングした企業をカウンセラーの方を介して紹介してもらえる

・紹介なので企業側に認識されやすく、優遇されることもある

・企業側の求める人像や勉強する点を事前に教えてもらえる

・前日の連絡とその後のサポートまでしっかりしている

 

 

 

 

SPONSORED LINK