読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【17卒向け①】就活解禁前に本選考が受けられる企業の3つの特徴

就活便利ネタ 就活関連

こんばんは。zuuminです。

 

今日はオフだったので、ゆっくり寝ていたところ…

 

人事の方からの電話で起こされました。笑

先日説明会兼筆記試験を受けた企業で、苦手なSPI(特に非言語)の試験だったので「絶対おわた…」と思っていたのですがまさかの通過。

しかも1次面接から電話で連絡とは…少し驚きでした。

 

寝ぼけて変なことを言ってないことを祈ります。

 

 

 

さて、本日は第二回に投稿した記事以降少し脱線してしまっていたので

改めて就活で本選考を受け始めた時期のことについてお話します。

 

第二回の記事はコチラ↓

zuumin16.hatenablog.com

 

 

今回は17卒向けに2回に分けて書いていきます。

簡単に内容としては

①: 就活解禁前に本選考が受けられる企業の3つの特徴について

②: 就活解禁前に本選考が受けられる企業をいくつかピックアップ

となっております!

 

 

  • 早く終わらせたいのなら、3月の就活解禁前に本選考を受けるべし!

いや未だにNNTの私が言うのもアレなんですけどね。笑

 

16卒から就活解禁日が3月にズレたということで、秋のインターン募集が落ち着いた12月頃の私は「去年までの先輩は今頃説明会とか行ってたのか〜」とか変なもやもやとした感じでした。

 

確かに、3/1のマイナビリクナビオープンに合わせて求人情報が掲示されるので、周りの友人もほとんど3月から始めていましたが、私はとある友人が早めに行動していたのを見て真似するように12月頃から行動するようになりました。

 

(少し余談ですが…3/1 0:00までPCの前で待機していたけどオープンと同時にアクセスが殺到してサーバーに繋がらず気付いたらどこの説明会も満員…ってことはほとんど無いので落ち着いた頃を見計らってアクセスしましょう。笑)

 

12月〜3月までの私は、友人やWEBで情報収集を行って選考がある企業をシラミ潰しのように受けていました。

 

そこで得た情報から、3月までに選考が進む企業の傾向やいくつか例を挙げていこうと思います。

 

 

  • 就活解禁までに本選考を受けられる企業の3つの特徴

ずばり

 

1.長期インターンを実施している企業

2.外資系企業

3.ベンチャー系企業

 

です。

マイナビリクナビといったポータルサイトでの求人は見れない中、いかに情報収集をして企業を知るか」がポイントです。

 

 

1.長期インターンを実施している企業

第二回の記事で書いた通り私自身も長期インターンの選考を受けていましたが、就業型インターンなだけあって頑張って結果を出せばそのまま内定をもらえそうなニュアンスが含まれていました。給料も出ましたし。(選考は落ちましたが…泣)

 

また、友人は某広告系大企業のインターンから(1週間程度でしたが)特別選考枠で3月に内々定を頂いていました。

 

特別選考のある企業はインターンを通じて優秀な人材をできるだけ早く確保したいという思いから3月より早めに選考を始めるということですね。

 

インターンってほんと大事だと痛感しております。

 

インターンシップで志望の業界・職種に内定する方法

インターンシップで志望の業界・職種に内定する方法

 

 

 

 

2.外資系企業

周知のことではありますが、外資系企業は3月より前に選考が始まります。ですが、高い英語スキルや学力(東大・京大向け)が求められる企業がほとんどなので、自信のある方は個人で調べてみてください。

(実は1つ実際にESが通って選考に進んだ外資系企業があるので次の記事で紹介します。笑)

 

 

3.ベンチャー企業

私は主にベンチャー企業を受けていました。

今話題のアプリで有名な企業だったり、キュレーションメディアを運営している企業だったり、興味をそそられるようなところが多かった印象です。

 

また選考のスタイルも就活の概念をひっくり反すようなところがあり、私服選考だったり、説明会というよりセミナー寄りだったり。説明会の後にオフィスで立食パーティーをした企業もありました。

 

私はこの緩さに慣れてしまったせいで3月からの選考が苦戦したので深入りは禁物です。笑

 

世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?

世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?

 

 

 

 

以上の3つが私の考える3月までに選考が始まる企業の特徴でした。

 

 

  • オワハラに注意!

ここで注意してもらいたいのが、先程も書いた通り(2.の外資系以外は)「できるだけ優秀な人材を確保しておきたい」という企業側の気持ちが強いと思うので、「オワハラ(就活終われハラスメント)」というもう就活をしないことを条件に内々定を出す企業も少なくはないかと思います。

 

本当に行きたい企業が3月以降もある場合やまだ色々な企業を見てみたい場合など、よく考えてから結論出すようにしましょう。

 

「第一志望前の練習」や「後の就活を楽にしたい」といった就活生目線での要望が必ず受け入れられるとは限らないので気をつけましょう。私も一度オワハラに遭って少し悩みましたが、丁重にお断りしました。

 

今では少し後悔しています 嘘です後悔していません。

 

 

次の記事では3月より前に選考が始まる企業の中で実際に受けた企業や面白そうな企業をいくつかピックアップしたいと思います。必見です!

 

 

SPONSORED LINK

ハタラクティブからできたサービス【ハタラクティブハケン】