読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【実体験から考察】就活スケジュールはどう組むとベストなのか?

就活スケジュール 就活関連

こんにちは。zuuminです。

 

 

今回の記事から就活のスケジュールを3月から現在に至るまで順を追って振り返っていこうと思います。

今思えば反省点だらけだったので、これから就活に挑む方には参考になるかと思います。

 

まずは就活が解禁された3月〜4月編です。

 

 

 

<3月>

就活: 12件 (1日に2社以上回ることもあるので件数で表示します)

バイト: 15日

遊び、その他: 7日

 

<就活詳細>

合同説明会: 2件

説明会: 7件

選考: 7件

(説明会兼選考会は説明会・選考会の両方にカウントしています)

 

 

就活からの遊びやバイトからの就活のパターンもありますが、大体こんな感じの日数でした。

合同説明会は3月の2件のみで止めました。一度に複数の企業の説明会に参加できるので効率的だと思われますが、実に非効率でした。ひたすら並び、待たされます。

なんなら合同説明会のサイトやパンフレットに掲載されている出展企業を1つずつ調べた方が短い時間で企業のことを詳しく知ることができます。

 

3月の特徴としてはタイトスケジュールな日が多く、就活のハシゴは当たり前でその前後にバイトやら遊びやらを詰め込んでいました。(今じゃ考えられない…)

 

ただ、就活の頻度としては少ない〜普通の間くらいですかね?

3月の時点で大体の業種は絞っていたので、色んな業種を満遍なく見ていた人にとっては少ないかもしれません。

 

 

そして、3月は一般的に見ると「絶好調」でした。

3月の下旬の時点で3次面接まで進んだ企業が1社あり、2次面接まで進んだ企業も1社ありました。

 

正直「就活余裕だな」と思ってました。改めてブログの詳細を見てください、現時点でまだ内定0です。

(当時の友人には恥ずかしくてこのブログを見せられません。誰にも言ったことのないことを本音でぶっちゃけています。)

 

「就活は楽しく!」がスローガン(笑)だった私は、それはもう周りからは毎日活き活きして見えたでしょう。多少タイトなスケジュールでも全然平気でしたから。

 

でも就活を楽しむってことは大事だと思います。モチベーションに繋がるはずなので。

上手くいくかは別です。

 

 

<4月>

就活: 10件

バイト: 9日

遊び、その他: 9日

 

<就活詳細>

説明会: 6件

選考: 5件

 

4月の頭から大学が始まったこともあって就活・バイト共に減りましたが、遊びは少し増えました。まぁこれは特に問題ないかと。

 

3月の下旬に受けた選考が進んでいた2社は両方あっけなく落とされてしまいましたが、まだ解禁して早かったこともあってダメージは少なかったと思います。

とはいっても就活を始めるきっかけとなった当時の第一志望の企業に落とされたことで少しショックだった気もします…

 

4月もまぁまぁ調子は良かったかと思います。

持ち駒は一旦ゼロになったものの、説明会に行って選考に進みたいと思える企業がいくつかあったので。

 

「持ち駒が一旦ゼロになったものの」これが私の就活スケジュールを組む上での反省点でした。

 

私は今まで選考が進んだ企業に専念してしまうことで、他の企業のことを考えなくなってしまっていました。

選考が進むと新規の企業説明会の予約を取ろうとせず、視野が完全に狭まっていました。そして、選考に落ちて持ち駒がゼロになって初めて次の企業探しを始めていました。

 

大体1つの企業の選考に約2週間近く費やし、結果待ちで1週間、落ちたその後に企業探しをして1週間後にある説明会の予約をして…と要領がかなり悪かったと思います。

 

もう1つ反省点を挙げると、3月より前に受ける企業をほとんどピックアップしていなかったことです。約30社程度は行きたい企業をピックアップする必要があります。

これは就活における常識で、実は私も以前から知っていたことでしたが完全に怠っていました。

 

採用情報で見極めよ! 「ホワイト企業」の選び方 (DOBOOKS)

採用情報で見極めよ! 「ホワイト企業」の選び方 (DOBOOKS)

 

 

 

これさえできていれば先程述べたような持ち駒がゼロになった時にも対処できるはずです。

 

 

そして5月からだんだん雲行きが怪しくなっていきます…

 

 

  • まとめ

・合同説明会はサイトに掲載されている出展企業を1つずつ調べて行く方が効率的かも

・持ち駒がゼロにならないように、選考が進んでいる企業に専念しすぎないこと

・就活解禁前に行きたい企業を「約30社」ピックアップしておく

・あくまで就活優先だが、大学・バイトとの両立は可能