読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵アカウントにするべき?就活生のSNS利用について

考えてみた 就活関連

 

f:id:zuumin16:20160215155503j:plain

 

以前から思っていたことが、最近問題となっているのでここで言及したいと思います。

 

 

 

就活生のSNSのほとんどが鍵アカウントになっている

主流なSNSといえばTwitter・Facebook・Instagramなどがありますが、私の周りの人達もたくさん利用しています。

しかし、私の友人たちのSNSアカウントのほとんどは鍵アカウントとなっています。

 

また、ブログ用のアカウントでも最近Twitterで鍵のついたアカウントによくフォローされるのですが、私のブログの特性上、多分就活生によるフォローだと思われます。

 

 

就活生になったら鍵アカウントにしないといけないの?

前まで公開していたアカウントが就活が本格化するにつれて鍵アカウントがどんどん増えていくという現象はあなたの利用するSNS上でも起きているかと思います。

 

「就活生になったら鍵アカウントにしないといけないの?」という疑問に私が答えるとするならば、「必ずともYESとは言えないが、常識を守れば鍵アカウントにする必要はない」と言います。

そしてもうひとつ言いたいのは、鍵アカウントにしたからといって必ず安全という訳でもないということです。

 

 

企業が就活生のSNSを見ていることは事実

事実として、面接に来た就活生のSNSを探すことはあるとのことです。

ただ、企業は就活生の粗探しではなく、あなたがどのような人間なのかを確認する為に見ているということらしいです。

 

就活の愚痴を書く場としてTwitter等を利用しているのであれば、それはあまり良いことではないので話は別ですが。

 

Twitterの発信力・影響力が認められて内定を獲得したというケースも少なからずあります。

 

 

SNS利用の変化

元々TwitterやInstagramというのは、有名人の「今」を知ることができて、更に交流ができる(現在はあまりできませんが)ということで認知が広がっていった印象でしたが、現在は自己発信の場や友人同士の交流の場として利用されているような気がします。

 

理由として言えるのは以前流行っていたmixiの存在ではないかと思います。

mixiは友人同士の閉鎖的コミュニティの中で日々の写真や日記などの記録を共有できるサービスで一時期は多くの学生が利用していましたが、Twitterの手軽さやシンプルさが魅力だったのか、mixiユーザーはどんどんとTwitterへと移っていきました。

 

そして、mixi時代の名残でTwitter上でも友人同士の会話や写真共有が行なわれているのだと思います。

こうして、Twitterの拡散力の高さを理解していない一部のユーザーが「バカッター」として炎上したりする訳です。

 

 

SNSの利用マナーを理解すること

私は公開アカウントを推奨している訳でもないですし、自分の投稿に自信が無ければ鍵アカウントでも構わないと思います。そしてもちろん責任は負いません。

しかし自己発信の場という意味では面白味が無く、「この人面白いのになんで鍵かけちゃってるんだろう」と思う人もたまにいます。

 

当たり前ですが、SNSの利用マナーを理解し、常識の範囲で楽しむことが大切ですね。

 

また、先述した通り鍵アカウントだからといって安全な訳ではないです。他の人にスクリーンショットされて流出されたり、公開アカウントの友人によって勝手に写真が投稿されてしまったりすることがあります。要するに普段から常識程度には気をつけるべきだと言うことですね。

 
 

画像流出による炎上の件に対する意見

最後に、某アイドルの過去画像が流出し、問題になっているようなので言及します。
 
どのような経緯で流出したのかは不明ですが、影響力を持ち始め、多くの人に見られているユーザーにもかかわらず、ネットへの意識が低かったことが今回の炎上の要因と言えます。
そもそもの原因である当事者はもちろん反省すべきだと思います。
 
ただ、当事者に対して炎上を促しているユーザーもまた同じくしてネットへの意識が低く、醜く悲しい状況だと感じました。
 
匿名性を利用した軽率な言動は「自分の素性が明かされなければ何でも言っていい」という考えなのでしょうか。
 
その言動をしたユーザー自身にも批判が集まり、身元が流出する可能性があるということは考えられないのでしょうか。
流出しないにしても非常識であることには変わりないです。
 
 
というわけで、少し気になったので思ったことを書いてみました。
こういう意見には批判がつきものだと思っているので、以後この記事に対するコメントは一切致しませんのでよろしくお願いします。