読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行き詰まったら、何も考えず1人旅をしよう

f:id:zuumin16:20170401231632j:plain

 

突然「青春18きっぷ」を手にふらっと1人旅に出ることがある。

 

 

日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷです。
「青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず、どなたでもご利用いただけます。お一人での5日間の旅行や5人グループでの日帰り旅行などの「鉄道ぶらり旅」に、ぜひご利用ください。

青春18きっぷ http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/

 

複数人での旅だと私が率先して念入りに計画を立て、時間に余裕を持って手続き等を済ませるのだが、自分1人となると目的地と食べるものだけを決めてあとは何も考えずにとりあえず家を飛び出してしまうのだ。

 

 

西方面に行く旅のスタートは基本的に深夜の小田原駅から始まる。

青春18きっぷが最大限使うため、日付の変わる瞬間を待つ。

「ムーンライトながら」という夜行快速列車が青春18きっぷ+指定席料金で小田原(神奈川県)〜大垣(岐阜県)間を深夜の間に移動してくれるのだが、指定席券が取れるかどうかは毎年の運試しだ。

 

指定席券が取れた年は午前中には大阪にまでたどり着くので、その日は大阪観光をめいっぱい楽しむ。

姿勢席券が取れなかった年は悲惨で、何かあるんじゃないかととりえあえず小田原駅に行ったことがある。

結局最終電車で熱海まで行き、行き場もなく埒があかず真っ暗な熱海の海岸沿いでヒッチハイクをし、西方面に行くつもりが乗せてくれたおじさんは「伊豆に来たなら海に行け」と下田(伊豆半島南部の方)まで連れて行ってくれたこともあった。

 

 

f:id:zuumin16:20170402035058j:image

 

基本的に移動中の電車はとても暇で、社会人としてはなんだかむず痒いくらいの何もない時間が流れる。

でもそれは凄く大切な時間で、普段の忙しい日常の中で後回しになってた色々な事を整理することができる。

 

人がいない時はボックスシートに座りながらPCを広げ、気になったまま溜め込んでいた記事を読み、気になるイベントがあれば参加申し込みをしたり…。

目的地によっては乗り換えの数は多くなるが、電車を降りるたびに移り変わる景色は常に新鮮なので飽きない。

(ただ、東京から博多まで行った時は流石に辛かった)

 

 

広島か、その先まで行く時は是非とも「宮島」へ寄ってほしい。

宮島口駅から出航しているフェリーも青春18きっぷで行くことができる。

 

f:id:zuumin16:20170402013320j:image

 (以前宮島に行った時に撮った写真)

 

特に桜の時期の宮島は本当に素晴らしい。

小さい頃に行ったことがあったが、一人旅で来るとまた違った景色が広がる。

時間に余裕があれば、尾道あたりにも寄って瀬戸内海を眺めながらのんびり昼寝するのも良いだろう。

 

 

男性のみの特権だが、宿を決めずに旅に出るのも私なりのこだわりだ。

もちろん事前に予約した方が確実に困らないのだが、どうしても時間や場所に縛られてしまうのが嫌なので行きの電車の中でなんとなくどうするか考える。

 

宿も旅の醍醐味の一つではあるが、私はなるべく長い時間動いていたいので漫画喫茶や仮眠付きの銭湯の目星だけ付けておく。

 

 

 f:id:zuumin16:20170402035918p:image

(実際に私が使っている今年の青春18きっぷ)

 

人恋しくなれば、思い切っていろんな人に声をかけてみるのも一つの手だ。

背伸びして普段行かないようなちょっと小洒落たバーに行ってみるのも良いだろう。

途中で気になるところがあれば寄り道してみよう。

 

「どんな場所であれど自分なりに楽しめれば必ずその旅は思い出になる。」

 

進路だって、そうやって決めて今は雇用形態にこだわらずITの業界に思い切って飛び込んで楽しんでいる。

 

当たり前かもしれないが、これが私なりに辿り着いた一つの答えなのかもしれない。