社会人2年目フリーターが年収提示の競争入札型転職サイトに登録してみた

お久しぶりです、zuumin(@zuumin16)です。

  

 

19卒就活解禁。

毎年この時期になると16卒就活生として動いていた自分を思い出します。

 

「webの業界に入りたい」と就活解禁前の大学3年生の12月に「就活」に足を踏み入れ、インターンに参加

周りの学生よりも早く動いていて余裕だと思っていたあの頃

 

グループディスカッションは得意だったが、ことごとく3次面接で落とされ

 

周りが内定を取り始め、卒業旅行の予定を立て始める中、大して興味も無いような企業に足を運んでは興味があるように自分を偽った

 

そして卒業間近、どうにかしてでもweb業界に滑り込めないかと新卒での入社を諦めてweb制作会社のアルバイトとしてアシスタントになることを決めた

 

そんな紆余曲折あった16卒就活から早3年が経ちました。

 

 

友人に言われて初めて知る市場価値 

きっかけはweb業界に滑り込むようにして働き始めて1年半が経った頃、同業種で働く友人と仕事について話していると「これだけのスキルがあるのに非正規雇用だし、その年収は低すぎる」と言われ、ハッとしました。

 

自分の中では今の会社でようやく周りが見れるようになった段階だと思っていて、自身にどれくらいの市場価値があるかなんて考えたこともなく、ただやりたいことができることに感謝して日々の業務をこなしていた私に初めて「転職」という2文字が思い浮かびました。

 

仕事は前々からやりたかった業界なだけあって飽きることなく楽しかったし、人も環境も良い。

ただ雇用形態と給料が極端に少なかった。

 

この「やりがい搾取」状態のまま、ここで働き続けるのはまずい、と思うようになりました。

 

年収提示の競争入札型転職サイトに登録してみた

 WEB EXPET DRAFTという年収提示の競争入札型転職サイトに登録をしてみました。

webexpert-draft.jp

  

このサイト、何が良いかというと

・ 「ドラフト」という名の通り、自分の職務経歴(レジュメ)を見て興味を持った企業が年収を提示した状態で指名を行い、転職したい人と人材を求めている企業のマッチングを行う

 

・プロダクトマネージャー、プロデューサー、ディレクター、UXデザイナーといったweb業界に特化した転職サイトのため、ドラフト指名に参加する企業が見たことのあるようなところばかり

 

・現職の年収、雇用形態、出身大学などは指名を承諾するまで非公開

 

など、私のようにアルバイトとしてweb業界で働いている人新卒で入社したけど市場価値が分からない…といった人には最適な環境の揃った転職サイトだと思います。

 

簡単な流れとしては、会員登録を行い、レジュメを記入して提出するとWEB EXPERT DRAFT側で審査が行われます。

※事前にエントリー受付・ドラフト開催・返答の期間が決まっているのでご注意ください。

スケジュール・フロー|WEB EXPERT DRAFT

 

いつもウェブエキスパートドラフトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

----------------------------
審査の結果:【合格】
----------------------------

おめでとうございます!
次回ドラフトは11月29日開始です。楽しみにお待ちください。

よい指名をもらうためにこれから出来ることを2点ご紹介します。

1)resumeページの項目を入力しましょう!
項目が入力してある方が、志向にマッチした指名が入りやすくなります。
https://webexpert-draft.jp/users/○○○○

2)年収評価シートはいつでも編集可能です!
審査担当からフィードバックをお届けしていることもあります。
ぜひご確認ください。

審査が通ると上記のようなメールが届きます。

 

審査に落ちた場合のメールがどのようになるのかはわかりませんが、審査が通ってもWEB EXPERT DRAFT側でレジュメに対するフィードバックがもらえます。

更に指名が来るようにアドバイスが貰えるのは心強いです。

私の場合は、「やってきたことの1つが抽象的だったため、具体的にどういったことに取り組んだかを記入してみると良いです」みたいな内容でした。

 

あとは期間中ドラフト指名が来るのを待つだけ。

 

4社からドラフト指名、最高提示年収は500万でした

ドラフト開催中は指名はなかなか来ず「○○があなたを検討中にしました」といった通知のみでしたが、ドラフト終了2日前くらいから少しずつ指名が届くようになり、最終的に4社からドラフト指名をいただきました

 

正直驚きましたし、何より

 

f:id:zuumin16:20180301172845p:plain

 

このように年収ががっつり書いてあります

 

更に、WEB EXPERT DRAFTには「提示年収90%ルール」というものがあり、

内定年収が、ウェブエキスパートドラフト上で提示した提示年収(定義は上記)の90%を下回ることは禁止しています 

とされています。

 

また単なるドラフト指名の通知が来るのではなく、私のレジュメに対して企業の採用担当者がどのように感じ、どの点を評価してドラフト指名をしたかが、しっかり書かれておりました。

 

その後の流れとしては、指名を承諾・辞退で選択し、承諾した場合は、「選考」や「ラフな面談」、「ただ会って話してみたい」などが選べ、企業の方とメッセージをしながら選考を進めることができます。

 

4社ともまずはラフな面談として企業を伺いお話を聞きに伺い、残念ながら今回は転職に至る企業は見つかりませんでしたが、フリーターという立場でありながら企業から指名されたこと、実際にお話が聞けたことは私にとってかなり貴重な経験となりました。

 

19卒の方やこれから就活を迎える学生の方へ。新卒一括採用の枠を外れ、やりたかったweb業界にアルバイトから滑り込んだことについて。

まだ私のように新卒を諦め企業でアルバイトとして働きながら正社員を目指すルートはかなり少なく、転職活動を行う上でも「雇用形態」という点で選考にすら進めないパターンが多いと思います。

 

ですが、私は新卒を諦めアルバイトとしてweb業界に滑り込んだことを一切後悔していないです。

みんながみんな同時にせーので働く必要はないですし、自分がやりたいことを見つけるまで紆余曲折あって全然良いと思います。

 

「就活」は大きな波ですが、その中で周りに流されず自分の信じた道を泳ぎ続けることも大事じゃないかなと、自分の身を以って思いました。

頑張ってください。

 

最後に

決してWEB EXPERT DRAFTの回し者ではないですが、このような転職サイトが普及してくれると良いかなと思い、友達紹介キャンペーンなるものがあったので紹介させていただきます。

 

RBYI

こちらのIDでWEB EXPERT DRAFTに登録し、審査が通ると両者に下記のプレゼントが貰えるみたいです。

 

・スターバックスカード 3000円分
・COMP 5000円分
・レッドブル 185ml×24本
・お好きなO'REILLY JAPANの本を1冊
・DNS プロテインホエイ100 1kg
・転職ドラフトオリジナル ドラフトビール 6本入り
・ACTUSギフトカタログ Y_O/イエローオーカー
・日本デザインストア ギフトカタログ 「日本のおいしい食べ物 橙(だいだい)」

 

現在ドラフト開催中のため次回のドラフト開催日は未定ですが、すぐにまた始まると思うので事前に登録して審査を通しておくとドラフト開催時に焦る必要がなくなりそうです。

 

是非、市場価値を知りたい方は登録してみてください。

 

webexpert-draft.jp